SCORE-Gについて

がんの痛みネット HOME | がんの痛みを治療する

がんの痛みを治療する

がんの痛みの治療は、国際ルールにしたがった薬物療法が中心となります。そのほか、心理療法などを組み合わせることで一人ひとりの「痛み」に配慮した治療を行います。

WHO(世界保健機関)の国際ルール
がんの痛みの治療は原則として、WHOの国際ルールにしたがって行われます。
痛みに応じた治療:WHOの3段階方法
鎮痛薬の使い方:WHOの5原則
日本のがんの痛みの治療
薬物療法
痛みの治療の中心となるのは、オピオイド鎮痛薬と呼ばれる医療用麻薬です。
がんの痛みの治療に使用される鎮痛薬
オピオイド鎮痛薬とは
オピオイド鎮痛薬の種類と剤形の工夫
オピオイド鎮痛薬の副作用とその対策
NSAIDs(内服)の副作用とその対策
鎮痛補助薬について
オピオイド鎮痛薬への誤解
医療用のオピオイド鎮痛薬の使用には依存性や中毒性がないことが日本人の研究によって証明されています。
依存や中毒の心配はありません
オピオイド鎮痛薬Q&A
知っておきたい薬のこと
正しい使用方法、保管方法をきちんと理解してください。
適正な使い方が痛みを予防します
薬を使うときによく出てくるキーワード
そのほかの治療方法
薬物療法以外の痛みの治療には、どのようなものがあるでしょうか。
放射線療法
神経ブロック
マッサージ、カイロプラクティック
セルフケアと日常生活
痛みの治療中に気をつけること、痛みをやわらげるために自分でできることをご紹介します。
リラックス方法
日常生活の注意点

ページトップへ ▲

SCORE-Gについて

がん緩和ケアのトピックス

がんの痛みと緩和ケアに関する情報サイト がんの痛みネット