SCORE-Gについて

がんの痛みネット HOME | がんの痛みを治療する | オピオイド鎮痛薬への誤解 | 依存や中毒の心配はありません

依存や中毒の心配はありません

モルヒネは、薬の区分としては「医療用麻薬」に分類されます。“麻薬”と聞くと、心理的に抵抗を感じる方がいらっしゃるようですが、モルヒネは一般的に医療現場で使用されている有効な鎮痛薬の1つです。また、日本の研究者によって、がん性疼痛などの強い痛みがある場合、からだに鎮痛薬への依存を抑えるメカニズムが発生することが確認されています。
つまり、がんの痛みの治療のために医療用麻薬が使用される場合には、患者さん自身に痛みがあるため、麻薬への依存性や耐性が抑えられているのです。がんの治療が効いて痛みそのものが弱くなった場合は、徐々に鎮痛薬をやめたり、量を減らすことも可能です。
最近では、モルヒネとは異なる新しいタイプの医療用麻薬として、フェンタニルやオキシコドンが使用できるようになりました。これらの医療用麻薬も依存や中毒の心配はありません。
医療用麻薬の使用目的はあくまで痛みをやわらげることにあります。したがってモルヒネを使用しても効果のない痛みに対して、モルヒネなどの医療用麻薬が処方されることはありません。

ページトップへ ▲

SCORE-Gについて

がん緩和ケアのトピックス

がんの痛みと緩和ケアに関する情報サイト がんの痛みネット