SCORE-Gについて

がんの痛みネット HOME | がんの痛みを治療する | WHO(世界保健機関)の国際ルール 鎮痛薬の使い方:WHOの5原則

鎮痛薬の使い方:WHOの5原則

鎮痛薬の使い方にはWHOで定めた国際ルールがあります。

1.なるべく簡単な投与経路(使い方)の薬剤が基本です。

患者さんが自分一人で使用することができる「飲み薬」で始めるのが基本です。ただし、飲み込めない、消化できないなどのからだの状態や、飲み薬に特有の副作用が問題となる場合は、貼り薬(皮膚から痛み止めを吸収させる製剤)や注射薬、坐薬を使うこともできます。薬は、患者さんの症状によって選びますが、病院によって使うことができる薬の種類に違いがあるので、医師や薬剤師に相談しましょう。

2.時刻を決めて規則正しく使用します。

がんの痛みを治療する鎮痛薬は、「痛くならないように使用する」、「鎮痛薬の効果が途切れないように継続して使う」ことがとても重要です。からだの中に常に一定の濃度の薬の成分があることが必要なので、通常、一定の間隔で規則正しく使います(8時間ごと、12時間ごと、3日ごとなど)。

3.鎮痛効力の順に使用します。

がんの痛みには、さまざまな種類・程度があり、鎮痛薬も患者さんの痛みの強さに応じて使い分けます。がんの痛みといって、痛みが弱いのにいきなり強力な痛み止めを使うわけではありません。逆に鎮痛効果の弱い痛み止めでは強い痛みを十分にとりのぞくことはできません。あくまでも痛みの強さや、使った上での効果を見て、段階的に痛み止めを選んでいきます。

4.患者さんごとに合った薬の量を使用します。

痛みの強さや感じ方には個人差があります。WHOの3段階除痛ラダーの中で、第2段階以上の鎮痛薬は、患者さんによって使用量に大きな差があります。急に大量の鎮痛薬が必要になることはありませんが、最初の使用量より多くの量が必要になる場合もあります。しかし、薬の使用量の大小を心配する必要はありません。患者さんの痛みが十分にとれることが一番大切なのです。

5.そのうえで、細かい配慮を行います。

がんの痛みの治療の目的は、まず患者さんの痛みが十分にとれることです。その上で、吐き気や便秘などの副作用に注意してこれらを予防します。また、患者さんのからだの状態の変化をみながら、鎮痛薬の使用方法(内服か、注射か、貼付剤か、など)を変更する必要があるかどうか注意しながら治療します。

ページトップへ ▲

SCORE-Gについて

がん緩和ケアのトピックス

がんの痛みと緩和ケアに関する情報サイト がんの痛みネット