SCORE-Gについて

がんの痛みネット HOME | がんの痛みを治療する | 薬物療法 オピオイド鎮痛薬の副作用とその対策

オピオイド鎮痛薬の副作用とその対策

オピオイド鎮痛薬には、主に次のような種類があります。

モルヒネ、フェンタニル、オキシコドンといったオピオイドは鎮痛効果の強い薬ですが、その一方で副作用もあります。また、非オピオイド(NSAIDsなど)の鎮痛薬にも副作用があります。しかし、これらの副作用をおさえる薬を使ったり、副作用の少ない鎮痛薬に切り替えたりすることで治療を続けることができます。

オピオイド鎮痛薬の3つの副作用とその対策

1.吐き気・嘔吐

2.便秘

3.眠気


吐き気・嘔吐は、オピオイド鎮痛薬を初めて使用したときや薬の量や種類を変更したときに数日〜2週間程度みられることがあります。オピオイド鎮痛薬の種類にもよりますが、3〜6割の人にあらわれると考えられています。しかし、症状の多くは吐き気止めの薬でおさえることができます。

対策

オピオイド鎮痛薬を使い始めると同時に、吐き気止めを少なくとも1〜2週間はいっしょに使うほうがよいでしょう。 吐き気・嘔吐は、オピオイド鎮痛薬以外の薬や、抗がん剤や放射線治療によってもおこることがあります。原因によって使用する薬が異なりますので、医師とよく話し合いましょう。

こんな症状があらわれたら早めに医師に相談を
「食欲がない」「ムカムカする」「食べたものを吐いてしまう」

2.便秘

1.吐き気・嘔吐

3.眠気


オピオイド鎮痛薬は、もともと腸などの消化管の運動をおさえるはたらきがあり、下痢止めとして使用されることもあります。便秘は、オピオイド鎮痛薬を使用している人のほとんどにみられ、オピオイド鎮痛薬を使用している間はずっと続きます。

対策

オピオイド鎮痛薬を使い始めたときから下剤を定期的に使用します。排便の頻度(回数)だけでなく、便の硬さにも影響するため、便秘対策は排便の頻度と便の硬さの調節の両方に注意して行います。また、使用するオピオイド鎮痛薬の種類を変えると、便秘が強くなったり、逆に下痢を起こすこともあります。鎮痛薬の種類を変更した際は特に気をつけて医師に相談し、下剤の量をコントロールしてもらうようにします。

こんな症状があらわれたら早めに医師に相談を
「おなかが張って気持ちが悪い」「今まで1日1回の排便が3日に1回になった」(排便回数が減った)「便が硬い」

自分でできる便秘予防対策

オピオイド鎮痛薬は、もともと腸などの消化管の運動をおさえるはたらきがあり、オピオイド鎮痛薬を使用しているほとんどの人が便秘を経験します。便秘を予防するために次の方法を試してみてください。

おなかのマッサージ

おなかのマッサージ

腸の動きをからだの外側から刺激します。おへそを中心に「の」の字を書くように、手で押していきます。朝起きたら、食事の前にやってみましょう。


おなかや腰を温める

おなかや腰を温める

腸のはたらきをつかさどっている神経を活発にします。温かいタオルをおなかに乗せたり、腰に当ててみましょう。1回15〜30分くらいが目安です(低温やけどにご注意を)。


食生活の改善

食べ物が消化管に入ると、その刺激で腸は活動します。食欲がないときは少量でも腸のはたらきを助ける食物繊維を多く含む食品を食べるようにしましょう。例えば、冷たいそばなどはのどごしもよく、食物繊維も豊富です。また、水分を多めにとりましょう。朝、冷たい水を飲むことも効果的です。

からだを起こす、からだを動かす

横になった姿勢からからだを起こしたり、寝たままでも10秒くらいひざを抱え、その後背伸びをすると便秘に効果的です。ゆっくりと呼吸を整えながら行います。また散歩など、できる範囲でからだを動かすことも効果があります。体を動かすことは、腹圧へはたらきかけることになり(おなかに圧力を加える)、腸の動きを促します。

リラックス

極度に緊張しているとき、イライラしているとき、逆に気持ちが落ち込んでいたりするときにも、便秘は強くなります。心身ともにリラックスした気持ちを心がけることは便秘解消の手助けにもなります。

3.眠気

1.吐き気・嘔吐

2.便秘


眠気は、オピオイド鎮痛薬を使い始めたときや、量を増やしたときにみられます。しかし、通常は1週間程度で軽減するようです。その後も眠気が続いたりぼーっとする症状が強くなった場合は、医師や薬剤師に相談して、オピオイド鎮痛薬以外の原因についても調べる必要があります。また、腎臓の機能が低下しているとオピオイド鎮痛薬を使用した際に、眠気が強くなることがあります。急激に眠気が強くなった場合には医師に相談してください。

対策

眠気が非常に強い場合は、オピオイド鎮痛薬の量を減らしたり、種類を変更したりします。ただし、痛みが原因で不眠が続いていた人は痛みがとれたあと、数日間は眠っている時間が長くなることがあります。この場合は寝不足が解消されれば改善しますので、特に対策をとる必要はありません。

こんな症状があらわれたら早めに医師に相談を
「日中でもウトウト眠ってしまい、呼びかけに応じない」「食事中も眠ってしまう」「周りの家族から見て1日中ほとんど眠っている、あるいはぼーっとしていることが多い」

ページトップへ ▲

SCORE-Gについて

がん緩和ケアのトピックス

がんの痛みと緩和ケアに関する情報サイト がんの痛みネット