SCORE-Gについて

がんの痛みネット HOME | がんの痛みと緩和ケア | 緩和ケアとは 「全人的な痛み」の緩和とチーム医療

「全人的な痛み」の緩和とチーム医療

患者さんやご家族にとって、最も身近な医療スタッフは医師と看護師です。このほかに、薬に対する不安や副作用についての相談に対応する薬剤師がいます。緩和ケアにおいて「全人的な痛み」を緩和するためには、さらに、患者さんのニーズに応じて、精神科医、理学療法士、栄養士、臨床心理士、訪問看護師、ソーシャルワーカーなどにサポートを頼むことができる病院もあります。ここ数年、厚生労働省から認可を受けた「緩和ケアチーム」が身体的な痛みだけではなく、精神的な痛みや社会的な苦痛、不安に対しても、チーム一丸となって対応できるようになりました。

緩和ケアチーム・緩和ケア病棟の医療スタッフ

緩和ケアチーム・緩和ケア病棟の医療スタッフ

緩和ケアチームのメンバーと役割

医師

からだの症状(痛み)を緩和する医師と、精神症状を緩和(心のケア)する医師がいます。

看護師

がん患者さんの看護を専門としています。在宅では訪問看護師が対応します。

薬剤師

患者さんに薬の飲み方などを説明します。医師・看護師などの医療スタッフには、薬に関する専門的なアドバイスを行います。

理学療法士

リハビリテーションなどのサポートを行います。

栄養士

患者さんごとに食べやすい食事の工夫や栄養バランスを考えます。

臨床心理士

カウンセリングなどの心理的なサポートを行います。

ソーシャルワーカー

医療費の相談や制度の利用、入退院後の生活に関する相談など、患者さんとご家族の生活全般をサポートします。

ページトップへ ▲

SCORE-Gについて

がん緩和ケアのトピックス

がんの痛みと緩和ケアに関する情報サイト がんの痛みネット