SCORE-Gについて

がんの痛みネット HOME | がんの痛みと緩和ケア | 緩和ケアとは 十分な緩和ケアを受けるために

十分な緩和ケアを受けるために

緩和ケアがめざす治療目標

「痛くて眠れない」「痛くて食べられない」「痛くて動けない」…がんの痛みやそれにともなう不安は、ふだんの生活を奪います。 がんの痛みの治療を中心とする緩和ケアは、心身の痛みによって失われた本来の日常生活を取り戻すことが一番の目標です。あなたらしい、いつもの生活を送りましょう。

緩和ケアのステップ

がんの痛みや苦痛は、患者さんごとに異なります。じっとしていられないほどの痛みを感じている人、じっとしていれば痛みはないけれど寝返りを打ったときに痛みを感じる人、痛みはそれほどでもないが、苦痛と不安にさいなまれている人と患者さんごとにさまざまです。緩和ケアでは、これらの痛みや苦痛を患者さんそれぞれのペースで1つずつ取り除いていき、いつもの日常生活を取り戻せるようにします。

痛み治療のステップ(WHO)

第1目標 痛みに妨げられないでぐっすり眠れること

第2目標 じっとしているときに痛みがないこと

第3目標 歩いたりからだを動かしたりしても痛みがないこと

治療を受けるときの流れ

1.痛みや苦痛の診断

医療スタッフは、患者さんの痛みや苦痛の訴えを聞いて、原因を診断(診察・検査)します。

2.治療方法の検討

医療スタッフが、それぞれの患者さんごとに最もふさわしい治療方法を検討します。がんの痛みの治療方法は、薬物療法が基本になります。そのほか、神経ブロック、放射線療法などがあります。また、精神的な痛みへの対応は薬物療法のほか、カウンセリングなどがあります。

3.治療方法の説明

治療方法の説明

治療方法については、十分に医師や薬剤師の説明(薬の使い方、薬の副作用など)を受けましょう。そのうえで、納得のいく治療方法を選んでください。


4.治療の開始

治療が始まっても、わからないことや不安があれば、いつでも医療スタッフに相談してください。

5.患者さん自身による評価

治療によって痛みや苦痛がとれたかどうかを医療スタッフに伝えてください。治療を受けても痛みがとれないときや薬の効果が感じられないときは、遠慮せずに話してください。その場合、医療スタッフは痛み止めの薬の変更や、ほかの治療方法を検討します。また、将来への不安や悩みを誰かに話したいと思ったときも、医療スタッフに感じたままを話してみてください。痛みの治療を含めた緩和ケアは、患者さん自身の「よい」「悪い」という評価がそのまま治療結果になります。何よりもまず、あなたが満足できる結果を得られるまで、十分に痛みや苦痛を緩和することが、大切なのです。

ページトップへ ▲

SCORE-Gについて

がん緩和ケアのトピックス

がんの痛みと緩和ケアに関する情報サイト がんの痛みネット