SCORE-Gについて

がんの痛みネット HOME | がんの痛みについて | がんの痛みを伝えよう 痛みの度合いのあらわし方

痛みの度合いのあらわし方

患者さんと医療スタッフが痛みの強さについて話し合うときには、お互いが共有できる痛みの強さの「スケール(定規、ものさし)」を設定します。痛みの度合いのあらわし方は、施設によって異なる場合がありますので、受診時に医師や看護師に相談してください。もし、医療スタッフから示された方法では自分の痛みをあらわしにくいと感じた場合は、そのことを伝えてください。痛みの度合いをあらわすスケールには、次のようなものがあります。

VAS(Visual Analogue Scale:ビジュアルアナログスケール、視覚的アナログスケール)

「今の痛みはどのあたりですか? 印をつけてください。」

痛みなし 想像できる最高の痛み

VASは、10cmの直線を引き、その左端を「痛みなし」、右端を「想像できる最高の痛み」としたときに、患者さんに現在の痛みがどのあたりにあると感じるか印をつけてもらい、左端から印までの長さを測定して痛みの強さを評価するものです。

NRS(Numerical Rating Scale:数値的評価スケール)

「10を最大の痛みとした場合、今の痛みはどのあたりですか?」

NRSは、いろいろな医療機関で患者さん自身が痛みの記録(痛みの日記)をつける際にしばしば用いられている方法です。

VRS(Verbal Rating Scale:カテゴリースケール)

「今の痛みはどの程度ですか? 次にあげる言葉のどれかであらわしてください」

痛みなし 軽度の痛み 中度の痛み 強度の痛み 最高の痛み

VRSは、痛みの強さの数字を口頭で回答する方法です。

フェイススケール

「今の痛みに最も当てはまる顔はどれですか?」

子どもや高齢の患者さんには上のようなフェイススケールを使うこともあります。ただし、顔の表情は痛みだけでなく、そのときの気分やその他の症状も示してしまうことがあるので(痛みがなくても不安や悩みがある場合は苦しい顔を選んでしまう)、正しい痛みの評価が難しい場合もあります。

痛みを表現してみましょう

まず、自分が「痛み」を伝えやすいスケールを選び、今現在の痛みの強さを表現してみてください。次に、痛み止めの薬を使ったときは、薬を使う前の痛みの強さと比べてどう変わったかを医療スタッフに伝えてみましょう。例えば、NRSスケールでは「薬を使う前は8、薬を使ったら4(痛さは半分になった)になった」という表現になります。でも、「まだつらい。もっと痛みをなくしたい」と思ったら「本当は0にしたい」と遠慮なく伝えてください。

一番大切なのは、数字や目盛の大小ではなく、治療前よりも治療後にあなたの痛みの強さがどう変わったか(弱くなったか、強くなったか)をみて、痛みの治療が十分かそうでないかを医師が判断することです。適切な治療のためにも正直に自分の痛みを伝えましょう。

ページトップへ ▲

SCORE-Gについて

がん緩和ケアのトピックス

がんの痛みと緩和ケアに関する情報サイト がんの痛みネット